2017/12/22

ヨリフネさまへ

 

横浜のヨリフネさまへ、少しだけリースとしめ飾りをお送りしています。

ペッパーベリーと河原ハハコのリース。
こちらとても繊細ですが、オフホワイトの糸を巻き込みながら、細い糸で巻き上げました。
紡いでいくような、そんなイメージ。
置いて飾っていただくリースです。




今年、わたしがはまった花材のひとつ、フレンチフィリカをたっぷり使っています。




ワイヤーをベースにしたリース、パンパスとペッパーベリー。
通年飾っていただけるリースですが、お正月にも何となくいいかなーと思って作りました。

年内の営業は25日までだそうです。
お近くの方、よろしくお願いいたします。




2017/12/19

12/19 webshop open!








12/19(火)夜20時~、webshopにて林友加さんの器と、しめ飾りも同時に販売いたします。

林友加さんの器は、「新タカツキ・中」と「重皿フラット・大」が再入荷しています。
もう本当に美しくて、するんとした手触りや質感、凛とした存在感、ずっと眺めていられます。

並べて見ていると、全部自分のものにしてしまいたいと思うほど、、本当に素敵です。
ぜひぜひ、この機会に。


そしてlilasの花は、しめ飾りで今年最後のアップになります。
構想も制作期間も短い中、怒涛のしめ飾り制作の日々でした。

垂れ下がりのあるにのわの方は、輪の直径が7~8cm、長さが35cmほど、
稲穂丸〆の方は、輪の直径が10cmほどの小さめの飾りになります。
サイズ感、どうかご確認お願いいたします。

プリザーブド加工の花材、ドライの花材、どちらも使用しています。
今年、いつもと少し違うのは、全てしめ縄から花を取り外せるようにしたことです。

しめ飾りは今年とれた稲わらで綯われ、地域によっても違いますが、
お正月を過ぎたらお焚き上げするのが習わしです。
どうしても飾る時期が短いので、花がもったいないと思う気持ちもやはり。。
ですので、今年は花材をしめ縄にワイヤーでくくりつけてみました。
もちろん、そのまましめ飾りとして花も一緒にお焚き上げしても、
花を取り外してそのまま小さな飾りとして、またばらして何かに役立てたりしても、
ご自由にお選びいただければと思います。


しめ飾りは、最近では、クリスマスが終わった12月26~28日までに飾ることが多いようです。
飾るのを避けなければならないのが、12月29日と31日です。
29日は9が苦に通じ縁起が悪いとされ、31日は一夜飾りといって神様に対して失礼とされます。

しめ飾りを片付けるのは、一般的には1月7日(地域によっては15日)。
外したものは地域の神社に持っていき、お焚き上げするのが一般的です。


しめ飾りは簡易包装でお届けいたします。
飾る時期がありますので、28日までにはお届けできたらと思います。
ご注文いただきましたお客様には、明日の朝より、ご注文確定メールをお送りいたしますね。

どうぞよろしくお願いします。

go to webshop






2017/12/01

12/1 20時~ webshop open!


本日12/1(金)夜20時~、販売予定のものを少しご紹介させてください。

himmeli_koppe様のヒンメリとlilasの花のコラボで、まず初めに完成したのが「しずく+かすみ草ボール」(わたし、いつもネーミングのセンス皆無…)
ヒンメリとのコラボで、ヒンメリの曲線の美しさを邪魔せず、、、というのは今回すごく考えたことですが、
ゴールドのかすみ草のみでシンプルに、整えずラフに。
しずくの中にそっと入れて、しっくりくる向きでかすみ草ボールを置いていただければと思います。



星(大)+かけら。

こちら手のひらにすっぽりおさまるほどのちいさなかけらですが、
ピンセット片手に小さな花材をひたすら黙々と。
細かな作業なので、こればかり何個も続けて作ってると「んあぁ!」となってくるので、
他のものを作ったりしながらこなしました。

ヒンメリにそっとはめこんでいるだけなので、飾っていて取れることもあるかもしれませんが、かけらなのでそこはご愛嬌ですみません。。



星(小)+パンパスのスワッグ。
小さなスワッグですが、最近好きな小花を散りばめています。
スワッグは色んな向きで飾っていただけると思います。



今回お作りしているベースを見せた3種類の小ぶりなリースですが、
プリザーブド加工されたグリーンは湿度が高いと切り口などから染料が染み出してくることがあります。
一応気を付けてお作りしてはいますが、もし気になる方は、壁とリースの間に1枚トレーシングペーパーなどをかませておくと安心かなと思います。
(トレーシングペーパーは透け感のある紙で100均にも売ってます)
わたしは賃貸なのでいつも壁には虫ピンを利用、写真はその虫ピンにトレーシングペーパーもぶしっとさしています。
この飾り方も可愛い気がします。




for kids 花冠は、これからちょこちょこ出していきたいなと前から考えていて、その第一弾です。

お子様用なので、最小の輪にすると直径11cmとこぶりで華奢ですが、
プリザーブドフラワーを使っているので柔らかな質感と色合いです。

おすすめは、最小の輪にしたまま頭の上にちょこんと。
裏表返してみたり回したりして、お子様にしっくりくる雰囲気を見つけていただければと思います。
ワイヤーを使ってお作りしていますので、花冠もくねっとできるし花もそれぞれ少しなら動かせます。
気を付けてお作りはしていますが、今回は葉ものが入っていますので、
もしお子様がちくちくするーとなった場合も調整していただけます。

花を強く引っ張ると抜けることがあるので、花ではなくワイヤー部分をつまんで、そっと動かしていただければと思います。


頭にちょこんと乗せたときに、花と花の隙間を見つけて、花冠のワイヤー部分と髪をぱっちんピンで止めてあげると、動き回っても落ちないと思います。



手首にぐるぐるすればリストレットにもなります。
こんな風に二重にしたものを頭の上にやや斜めにつけても可愛いです。




2017/11/29

12/1 webshop open!




今年も、深い緑のシンプルなクリスマスリース。
雪に覆われた厳しい冬の間もその緑を保つ「エバーグリーン」をメイン素材に。

プリザーブド加工されたグリーンをメインに使用しているので、
そのままの質感、色合いのまま長くお楽しみいただけます。
来年のクリスマスも大丈夫です。
先日、ヨリフネ様へお届けしたデザインからもご用意しました。

12/1(金)夜20時~、webshopにて。
現在プレビュー中です。
クリスマスのご用意がまだの方、どうぞよろしくお願いいたします。

go to webshop



12/1 webshop open! ヒンメリと花






12/1(金)夜20時~、webshopにてクリスマスリースを販売予定です。

予定していたよりも遅れてしまいましたが、、、今回のクリスマスリース販売と同時に、
広島で活動されているhimmeli_koppe様のヒンメリとlilasの花のコラボ作品も販売いたします。

『ヒンメリは、800年前からフィンランドに伝わる伝統装飾品で、
ライ麦の茎を切り、糸でつないで多面体を作り、それを組み合わせて作るオーナメントです。
クリスマスや結婚式の飾りに使われ、幸運のお守りとして受け継がれてきました。
幾何学模様が作り出す影は美しく、別名「光のモビール」とも呼ばれています。(himmeli_koppe様より)』

壊れやすい藁をつないでいく作業は、緩すぎてもキツすぎてもダメなので、力加減に気を付けながら慎重に進めていくのだそう。
数ミリ単位で藁をカットしていく作業にも驚きました。

今回、ヒンメリと花を考えたときに、
そんな繊細で緻密な手仕事から生まれるヒンメリの、立体的な曲線、光が生み出す影の美しさ、ただそこにあるだけでその空気感まで変えてしまう美しさを遮らないように、
ということをすごくすごく考えました。

憧れていたヒンメリと。
構想も、打ち合わせも制作も、すごく楽しくて。

今回は、それぞれ単体でも楽しんでいただけるようなものをお作りしています。

ぜひご覧いただけましたら嬉しいです。

go to webshop






2017/11/21

11/23~

11/23~、ヨリフネ様にて販売していただくリース&スワッグ、全てではありませんがご紹介です。
パンパスのちいさなリース
ちょこんと置けるサイズ感です



枝の美しいロシアンオリーブをくるっとまるめてベースに
ワタの実のちいさなリース
キャンドルと飾るのもおすすめです


紫陽花のスワッグ
植物の自然な動きにこだわりました
こぶりだけど、大好きな花材をぎゅっと詰め込んでいます


パンパスのスワッグ
アカシアプルプレアのドライがいい色合いです


小葉ユーカリのリース
実もの色々、高さを出して横から見ても綺麗に


いい感じの暴れ具合のフレンチフィリカを使って
クリスマス、な赤い実のリース。



2017/11/20

11/23~ 






11/23~、横浜の「ヨリフネ」様にて、lilasのリースやスワッグなどを販売していただけることになりました。

クリスマスっぽいものもそうでないものもリースもスワッグも、とおまかせしていただき、色々お送りしています。
初めてのことでドキドキですが、何だか色々作っていたら楽しくて。

写真のリースは、直径30cm~最大45cmほどあるリースです。
プリザーブドフラワーメインでお作りしているので、このままの色合いと質感で長くお楽しみいただけます。
プリザーブドフラワーは仕入れ値が高いため、価格もそれなりに高くなってしまいますが、長くお楽しみいただけることを考えるとおすすめです。
来年も大丈夫です。

こちらのリースにはブルーパープルの紫陽花と、ほんの少しのアクセントに深い紫のタタリカをしのばせています。
このベースを見せたタイプのリースのおもしろいところは、飾る向きによって雰囲気ががらっと変わるところです。
でも、最後の向きはないな…カツラ…

ちょうど「鳥取展」という素敵な企画展を開催中とのことです。
ぜひ、お近くの方、お出かけいただけましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。





2017/11/07

11/7(火) webshop open!



本日11/7(火)夜20時~、webshopにて秋色紫陽花のドライリースを販売いたします。

毎年、紫陽花専門の生産者の方より直接仕入れている、ドライの秋色紫陽花を使用しています。
縮れなどなく、アンティークのようなくすんだ雰囲気の色合いが素敵で、毎年楽しみにしている秋色紫陽花です。

今年は2種類のデザイン、数点ずつお作りしています。
できる限り、配送時の破損や型崩れを防ぐため、オリジナルのリースボックス(28cm×28cm)にお入れしてのお届けとなります。

どうぞよろしくお願いいたします。

webshopはこちら





2017/10/16

lilas galleryを再編集しました



資材調達に街へ出かけると、もちろん手ぶらでは帰れない。

この日はパン。
蓮根しゃきしゃき、こどもたちの帰宅時間ぎりぎりに帰って来て、マッハで食べたパン。



今まで、webshopの方でsold outになったものもそのまま掲載してご覧いただけるようにしておりましたが、
以前、利用していた「lilas gallery」をもう一度再編集し直して、
初期から今までの作品、すべてではありませんが何となくご覧いただけるようにしました。
PCでご覧いただくと一覧で、携帯だとちまちまご覧いただけます。。
PCでざっと軽くご覧いただくのが断然おすすめです。
(携帯からだとちょっとイラっとしそうです、、設定がわからない涙)


works→「lilas gallery」はこちら

どうぞよろしくお願いいたします。





2017/09/30

10月1日より、配送料が改定となります


10月1日より、ヤマト運輸様の宅急便運賃値上げに伴い、
配送料を改定させていただくこととなりました。

不定期でマイペースな上に、お客様にはさらなるご不便をおかけしてしまい、大変心苦しく申し訳ない気持ちでいっぱいです。
心より、お詫び申し上げます。

勝手なお願いで誠に恐れ入りますが、何卒、ご理解いただけますようお願い申し上げます。


オーダー制作の方も落ち着き、現在はクリスマスのデザインを考えたり、試作もはじめています。
毎年楽しみにしている美しい秋色紫陽花の季節もやってきます。
ひとつひとつを大事に、これからも積み重ねていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


lilas

2017/09/19

かぼちゃとクリームチーズのマフィン


オーブンレンジが壊れて3週間、やっと新しいオーブンがやってきた。


もう色々ありすぎて、どれを選んだらいいか全くわからず。。
結局、2段焼けるもので見た目が好みな東芝の石窯ドーム(ER-PD3000 グランホワイト)に。

痛い出費だったけど、ちょうどモデルチェンジの時期?で半額で購入できたし、
わたしが迷ってるほんの30分の間に、2人の方が購入を決めてて背中を押された形となりました。

さっそくかぼちゃとクリームチーズのマフィンで試し焼き。

今まで1段のオーブンだったので、ピザ焼くときとか大変で。
パンも2段一気に焼けたらいいなと思ってたので、これから2段使いこなせるようになりたいです。

オーブン、使いやすそうで気に入りました。





2017/09/09

最強博多メシ


明太子と辛子高菜、熱々のごはんにのっけて。

両親から「明太子いるか~?」という電話をもらい「いる!いる!」と即答した
ふくやさんの辛子明太子。

福岡生まれ福岡育ちの私には最高の組み合わせ。
ごはんが進みすぎてもう。





海釣りデビュー


息子がやりたい!と言っていた釣り。

小学生になったし、と、夏休みにじじに釣りセットをプレゼントしてもらい(家族みんなの分も涙)
念願の海釣りデビュー。

鳥取港と天橋立近くの宮津港へ2度ほど行ってきました。

サビキにて小鯵を狙い中。


わたしもこどもの頃、海釣りも川釣りも何度も連れて行ってもらったけれど、
糸の結び方も仕掛けのことも何も知らなくて。
投げるのもどうやってたか忘れてるほど。

父に教わり、何とか、なレベルだけど。
魚釣りの本まで買っちゃって、テレビでやってる釣り番組なんかも気になるようになってしまった。

とにかく、安全第一に楽しめればいいと思う。





2017/09/08

wedding bouquet



こっくりとしたミルクティー色の紫陽花に、くすみピンク、ふわふわのかすみ草、
シックなユーカリなどをたっぷり合わせて。

秋のウエディングに。





2017/09/01

極狭キッチン


うちの台所。
窓もないし、夏場はここで料理するのがもう。

オーブンレンジが壊れて、、新しいの何買うか、かれこれ2週間ほど悩み中。



息子がトイレに付いてきてって言うんです。
怖い本か何かを読んだとかで、トイレにひとりで行くのが怖いらしい。

ひとりでトイレに行けないなんて。
まだまだちっこいなぁ(ちょっと面倒臭いけど。)

まんざらでもなくそう思いながら、微笑ながら息子が用を足すのを眺めていたんです。

すると次の瞬間、わたしを見た息子の顔が恐怖におののく顔に急変。
「ままぁ~‼おばけのかおしないでぇぇーーー!」

…え。

わたしは意味がわからなかった。
だって、わたしのイメージでは、母親の愛溢れる微笑で息子を眺めていたのだから。
それをおばけのかおしないでと言われたわけだ。

確かに、たまに変な顔してこどもたちをわざと怖がらせたりなんてこともしたりする。
反応を見て楽しんだり、確かにしたりする。
だが息子よ。

今回に限っては、母はただ微笑んでいただけ。

「…も、もうトイレついていかないもんね~だ!」

何となく傷ついたわたしは、そう大人げなく息子に言い放った。





2017/08/31

メロンのころたん


母が育てた「コロタン」というメロン。

昔「コロたん」という柴犬を飼っていて。
名前を見て、母が育てると決めたらしい。

甘くて、本当にメロンの味がした。

コロたんは子犬の頃、ころっころしていて「コロたん」という名前にしたことを思い出した。
「コロタン」というメロンの名前の由来は何だろう。


今日は何だかすっかり秋の風。

8月が終わる。




2017/08/30

無印良品南乗鞍キャンプ場








夏旅、3泊4日で、岐阜県高山市にある「無印良品南乗鞍キャンプ場」へ。

大阪から車で5~6時間?
標高1600mのところにあるキャンプ場。
あっという間に霧に包まれたり、小雨が降ったり、晴れ間がさしたり、
とにかく涼しくて夜はちょっと肌寒いくらい。

無印良品のキャンプ場は、津南も嬬恋も行ったことがあって、
ここもぜひいつか行ってみたいと思っていたところ。
5月の予約開始の日に、わたしにしては珍しく頑張って予約した。

サイトはc10、木の間から、天気がよければ御嶽山が少し見える感じ。
残念ながら天気の関係で何となくしか見えなかったけれど、お隣さんも気にならないようなプライベート感があってよかったです。


無印良品キャンプ場を予約する際にいつも悩むのがサイト選びなのだけど。
今度もし行くことがあった時の参考にとちらりと見てみた感じだと、眺望でいえばc14、c15も良さそう。
d4も場内の車道が目の前にあるものの眺望はすごく開けてました。
ゴールデンサイトと呼ばれるF方面は、人も入っていらっしゃるだろうし見学は自粛。
ちなみにc10は、サニタリー棟まで一度行って戻ってまたすぐ行けと言われると、えーまじーとなる距離でした(分かりにくい)。


コーヒー淹れてのんびりしたり、焼肉が燃えたり、花火もしたしマス釣りも。
マス釣りはえさ釣り専用池で、釣り竿とえさ(ちなみにえさはうどんのおかかまぶしみたいな)付きで1時間1080円ってありがたい。

はじめ全然釣れなかったけど、釣れてる方にコツを教えてもらって、
旦那さんとこどもたちがそれぞれ1匹ずつ釣れて(わたしは時間切れ、、)楽しめました。

釣ったマスは、おなかを出して炭火で塩焼きにしてありがたくいただいて。
身が柔らかくてびっくりだった。

そんな夏旅キャンプ、3泊4日でも足りないくらい。

本当にいいところだった。