2017/07/26

マキノ高原キャンプ場でデイキャンプ


先日マキノ高原キャンプ場にデイキャンプに行ってきました。

高原サイト、川サイト、林間サイト、広場サイト、森の隠れ家サイト、展望サイトの6つのサイトがあるみたいで、
今回の目的は川遊びだったので林間サイトを予約。
川にすぐ下りられていい場所でした。

写真はあんまり撮らなかったけど、ヨキトギ川はとても綺麗で。
小魚や沢蟹、おたまじゃくしなどがいて、息子が夢中になってさがしてた。
カジカガエル(だったのかな?)の鳴き声もしたり、それらしきカエルがいたり。

高原サイトも気持ちよさそうだったので、気候のいい時期に行ってみたい。
川遊びもまたいつか。



マキノ高原キャンプ場林間サイトデイキャンプ
1,000円+入場料(3歳~小学生200円、中学生以上300円)
利用時間10時~16時




2017/07/21

・・・


夏休みです。

息子の勉強をちゃんと見なければと心誓った瞬間。





2017/07/20

bouquet


オーダーいただいたくすみピンクとユーカリのブーケ。

プリザーブドのアジサイ、カーネーション。
ドライのユーカリ、セルリア、ダスティミラー。

ドライの花材の色の変化とともに楽しめるブーケ。



先日、急に雨が降り出した日、
息子を迎えに下校時刻に合わせて学校へ行った。

娘は折り畳み傘をランドセルに常備しているため心配はなかったが、
息子は使用2回目で折り畳み傘を壊してしまったため、迎えが必要だった。

学校へ着くと、ちょうどお友達と一緒に歩いてくる息子がいた。
息子へ傘を渡し、一緒にみんなで歩いて帰った。

もちろん普通に傘をさして歩く者もいたが、その中には、
傘があるのにあえて使わずに走って雨を避けようと試みる者。
傘を裏っかえして雨水を傘にためようとする者、
全身で雨を受け、天を仰ぎ見てその場でくるくる回る者、
プールバッグから取り出したゴーグルを装着し、顔面全体で雨を感じる者、

実に様々であった。

その短い時間で、1年生男子の生態に触れ、こんなことを思い出した。

以前、子育て評論家の方が男の子の子育てについてテレビでこう言っていたのだ。
母親が男の子を理解しようとしても無駄だと。
男と女で脳の作りが違うのだと。
だから理解しようとせず、カブトムシだと思って観察するくらいがいいと。
あ、そこ土に潜るんだ~くらいの感覚で、と。

その言葉を思い出し、わたしは妙に納得した。




じゃがいも掘り





先月のこと。
畑の一角を借りて植えていたじゃがいもの収穫へ。

夢中で掘りました。
息子、這いつくばり方がすごくて。

男爵、メークイン、きたあかり、あと忘れたけど、
色んな種類のじゃがいもをわんさか掘ってきました。

その後、しばらくは主食はじゃがいもかってほど食べました。

収穫って楽しい。




神戸どうぶつ王国















写真多くてごめんなさい。

先日、娘が9歳になった。
そのお祝いで、行きたいと言っていた神戸どうぶつ王国へ。

とにかく動物が近い。
珍しい動物も色々。
そして今まであげたことないような動物にえさをあげれて、こどもたち大興奮。
結局こどもたちは、水鳥、カピバラ、ペンギン、アザラシ、熱帯魚、鳥、バク、カンガルーにえさをあげてたかな。

初めてアルマジロを触ってみたり。
結局お顔を見せてくれることはなかったけど、かたい甲羅?はほんのりあったかくて。
バードショーも見ものだったし、そこまで広い敷地ではないものの1日楽しめました。
たくさんの植物も、どれも生き生きしてたのが印象的だった。

わたしはとにかく、ラクダの頭の毛に釘付けでした。
ものすごい整ってた。




入園料は大人ひとりJAF割引で1,350円、小人がひとり720円、駐車場が1日500円。
結局えさ代などで2,000円くらい使ったかも。