2018/01/31

Birthday bouquet & flower crown



1歳のお誕生日のブーケと花冠。
ふわふわの白とアイボリー、冬生まれの可愛い女の子。

花冠は、カスミソウ・河原ハハコ・アイボリーの色味をアクセントに。
ほんのりグレーのスエードの紐。



1歳のお誕生日は、特別な日だったと思い出す。

生まれたばかりの頃、数時間おきに授乳しておむつをかえて、泣いてはあやし、
背中をとんとんすると身体のすべてを預けて肩に眠る我が子の重さ、匂い、柔らかさ、小ささ、あたたかさに時折りぎゅーっとなりながら。
どうしていいか分からず夜中ひとり泣いたこともあったし、
1日1日成長する我が子をとにかくただひたすらに守ることだけ、
無我夢中で毎日を過ごした。

いつの間にかおすわりするようになって、離乳食で顔中べたべたになったり、
つかまり立ちして、いたずらして、にっこりこちらに笑いかけてくる。
初めてままと呼ばれたとき、初めて歩いたとき。
1歳を迎える嬉しさも、そして何とも言えないさみしいような複雑な気持ちも。

添えるお花を作らせていただけること、感謝ばかりです。




2018/01/18

レースフラワー



レースフラワー。
すごく綺麗。

もったいないけど、綺麗なうちにドライ化中。


この前、息子と一緒に近くのスーパーまで買い物へ行った。

道を歩いていたら、わたしは全く気付かなかったのだが、
息子が言うには画鋲が落ちていて、もう少しでわたしが踏むところだったのだと。

それを聞いて、わたしはこう言った。
「えー、ママ、画鋲なんて踏んだら思わずこう言っちゃうわ。何て言うかわかる?」
息子はこう言った。
「…わからない」と。

わたしは周りを見渡して、人が近くにいないことを確認してからこう言った。
「がびょーーん」と。

ふと見ると、物陰に人がいた。
いないことを確認していたはずなのに。
聞かれた、わたしのがびょーーん、聞かれた。
わたしはその人の方を見ないようにして、何事もなかったかのように通り過ぎた。
何となく下を向いて顔を隠し気味に通り過ぎた。

やだもう恥ずかしい!
どうしてわたし、こんなおもしろくもないこと言っちゃったんだろう!
しかもちょっとどや顔で!

その、わたしのがびょーん話を帰ってから娘に話した。
娘はこう言った。
それは、人に聞かれたことについてのコメントではなく、
わたしのがびょーーんが如何におもしろくないかについてとどめをさすコメントだった。
「おもしろくなさすぎて逆に笑える!」と。

今度から気を付けようと思った。




2018/01/08

Aetaのお財布


お財布を新しくした。

お財布は毎年新しくするのが本当はいいらしいというのは聞いたことがあるけれど、
もう10年以上使っていたお財布がいよいよ古くなってしまったので、買い替えを決意した。

Aetaの黒のシンプルなお財布。

スリムですっきり。
わたしのお財布にはお札もそれほど入らないし(涙)、何よりこの見た目がとても好みだった。

新しいお財布で気持ちも新たに。

大事にしよう。




2018/01/05

2018年


明けましておめでとうございます。

年末年始、ゆっくり過ごしてきました。
両親の家に残ってた稲わらで、覚えてるかなーと一昨年を思い出しながら縄綯いをしてみたり。
息子も興味津々で一緒にしめ縄作りをしました。

縄を綯う作業、手は覚えていたようだけどやっぱり練習が必要、でも楽しかった。
次回はまた縄を綯うところからしめ飾りを作れたらと思いました。

息子作のしめ縄、大らかで、こどもの作品にはいつでもはっとします。


今年も健康いちばんに、変わらず花に触れ、家族みんな笑って過ごせたら幸せです。
謙虚さと感謝の気持ちを忘れずに、思い描いていることをひとつひとつ地道にかたちにしていけたらと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


lilas